2015年7月17日

夏コミ当選!

ありがたい事に今回も無事夏コミに当選いたしました!
「東シ-08ab」となりますので、ご参拝の後にでもお立ち寄りく下さい。
さて、今回はVisionの各種新作についてご案内させて頂きます( ´∀`)

■Phantom Magic Vision [Fatal Strike]
Visionシリーズ第18弾のテーマは鬼!
大型キャラクターが使いやすくなるセットになっております。
「All Japan Championship 2015」優勝の一丸さんが考案されたカードは
人気の動画をモチーフとした「つちぐもとはしひめチーム」です。
相手プレイヤーが有利になると場に出てくるパルスィ、
「維持コスト」をばら撒くヤマメの連結カードですね(*゚ー゚)

このカードは18弾封入版と店舗特典版の2種類がございますので、
特設ページではなくこちらのblogにて違いを説明させて頂きます。

 

18弾封入版は動画の作者である葛の葉さんのイラスト、
及び葛の葉さんに考案して頂いたフレーバーです。
一方、店舗特典版はyamasanさんのイラストに、
動画の1シーンを引用したフレーバーとなっております。
気分によって使い分けてみるのも面白いかもしれませんね。

■Phantom Magic Vision [Optimal Starter]
「天空の覇者」と「Mind Revelation」を中心に、
特に人気が高いと思われるカードを厳選して再収録しました。
元々使い勝手の良いカードが多いセットでしたので、
これから始める方にもお勧め出来るスターターかと思います。
収録内容はこちらからご確認ください。

■Vision Official Sleeve Super Premium
今回はレミリアとチルノが登場です(*゚∀゚*)
先行発売となりますが、今のところ委託については未定です。

>Phantom Magic Vision スターターデッキ 妖 は
>どこで入手することができますか?

現状、「永」、「輝」以外のスターターは完売しております(;´д`)ゞ
また、スターターデッキは初回限定生産のため再版はございません。
現在販売中のスターターデッキをご利用頂きます様、お願い致します。

written by M.I.W [冬月]

2015年7月15日

エラッタなどについて

いくつかのカードにエラッタを適用します。
内容につきましてはルールページ内のエラッタ・テキスト修正のページをご参照ください。
これらは7/25から適用されます。

いずれも採用率や環境へ与えている影響の大きさを鑑みた結果の適用となります。

また、テキスト修正も適用します。
こちらは文法や書式の統一を目的としてる為、本日からの適用とさせていただきます。
数が多いですが、ご一読をお願い致します。


プレイヤーの皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ご協力をお願い致します。




>No.1375 リグル・ナイトバグのような効果により出た、裏向きだが表側が分かっている
>カードが場にある場合、表側が分からなくなるように動かすのは適正ですか?

いいえ、不適正です。
カードの表側を暗記する必要はありませんが、どのカードがどの効果により発生したキャラクターかは常に判るようにしなくてはなりません。



> アイスバリアのテキストについて質問です。「ターン終了時まで、目標の
>〔場のカード1枚〕は相手プレイヤーのカードの効果によって決死状態にならず、
>破棄されない。」とありますが、 破棄されないが前半の「相手のカードの効果によって」
>と独立したものとも読み取れます。破棄されない効果は相手のカードの効果に
>よるもののみに限定されているのでしょうか?それとも戦闘や自分のカードの効果など
>の別の要因でも破棄されないのでしょうか?

はい、相手プレイヤーのカードの効果によってのみ破棄されません。


>No.280 幻想郷縁起 のテキスト中にある
>「耐性X」は「耐性A 」の間違いではないでしょうか。

ご指摘ありがとうございます。修正致します。


>自分の場の『No.675 サニーミルク』が(自動γ)の効果で裏向きになっている状態で、
>『No.736 緑眼のジェラシー』の効果で決死状態になり、破棄されたことにより冥界に
>置かれました。
>冥界に置かれたこの『サニーミルク』を目標に『No.828 妄執剣「修羅の血」』を
>プレイできますか。

はい、出来ます。


>『No.1653 星符「スターライトレイン」』についてなんですが
>キャラがいない場合でも1の効果を選ぶことは出来ますか?また、効果を選ぶ際、
>どちらのプレイヤーが先に選びますか?

解決出来ない効果でも選ぶことができます。
また、ターンプレイヤーから順番に選びます。


>符ノ壱“博麗 霊夢”が除外されている状態で、無題「空を飛ぶ不思議な巫女」が
>決死状態になると、符ノ弐“博麗 霊夢”を場に出すことはできない。ということですが、
>無題「空を飛ぶ不思議な巫女」は【連結】を持っているため、10.20.2.aにより名称は
>「博麗霊夢」として扱われているので、10.18.2.a (前略)Aはこのカードの名称で
>ある「符ノ壱“B”」のBに等しい。のBは持っているものとして扱われると思いますが
>これは適用されないということでしょうか?それともBは「符ノ壱」も含めた名称で
>ある必要があるということでしょうか?

はい、符ノ壱が無くてはいけません。
符ノ壱“ ”がないと参照されるべき名称が確定できません。


>いつもvisionを楽しくプレイさせてもらっています!
>飛符「フライングヘッド」についての質問なのですが、例えば相手の場の元々の攻撃力が
>3のキャラクターになんらかの効果で攻撃力に-4の戦闘修正がかかっている場合、
>飛符「フライングヘッド」で与えられるダメージは-4の絶対値の4点ですか?
>それとも0以下に攻撃力が下がらないので下がった分の3点になるのでしょうか?

純粋に戦闘修正のみを参照します。この場合は4です。


>自分ターン中に(1)『任意のコマンドカード』のプレイ、
>(2)『No.1618 鈴仙・優曇華院・イナバ』の(自分ターン)効果、
>(3)『任意のコマンドカード』のプレイ、の順番で干渉したところ、相手がそれに干渉して
>(4)『No.864 最後の警告』をプレイしました。この場合『最後の警告』の
>(自動β)効果で干渉終了時まで干渉を行えなくなりますが、
>『鈴仙・優曇華院・イナバ』の効果による攻撃はIR-6.3.4.cの時点で干渉を行えない
>ため失敗しますか。

いいえ、「干渉を行えない」というのは、優先権を行使して割り込むことができないということで、
効果や処理により新たな干渉が発生することは制限されません。
なお、鈴仙・優曇華院・イナバの効果により発生した新たな干渉中でも、
最後の警告の自動βは有効で、防御を含む全ての干渉(優先権の行使)が行えません。


>【人形】をもつキャラクターを目標に、幻惑「花冠視線(クラウンヴィジョン)」を
>プレイした場合、目標のキャラクターは攻撃したものとして効果の解決が行われるので
>しょうか?それとも【人形】であるため攻撃ができず目標不適切となり、
>以後の解決ができなくなってしまうのでしょうか?

目標としては適切ですが、人形の効果で攻撃を行えないため、解決に失敗します。


>九十九姉妹について記述がありましたが、九十九姉妹のテキストは「相手プレイヤーが
>1ターンの間に合計2枚以上のコマンドカードをプレイした場合、その干渉終了時に
>〔手札にあるこのカード〕をあなたの場にアクティブ状態で出しても良い。」という
>自動βであり、
>7.4.6.c
>適用の条件を満たした場合、その時点で他の効果の解決中であっても適用される。
>および
>7.4.6.d
>適用の条件を満たさなくなった場合、その時点で他の効果の解決中であっても適用
>されなくなる。
>から、相手プレイヤーがそのターン中で2枚目のコマンドカードをプレイした
>手順IR-5.2.3.gのタイミングで条件を満たし適用され、解決タイミングである干渉終了時
>までにコマンドカードが無効になり「2枚以上」の条件を満たさなくなった場合は
>適用されなくなり解決不可だと判断していましたが違うのでしょうか?
>また少々別件になりますが、すでに相手プレイヤーがターン中に2枚のコマンドカードを
>プレイ、干渉も終わっている状態で、新たに3枚目以降のコマンドカードがプレイされた
>場合も「2枚以上のコマンドカードをプレイした場合」であるから自動βが適用され、
>仮にコマンドカードが無効になったとしても「2枚以上のコマンドカード」の条件は
>満たされているため干渉終了時に九十九姉妹の自動βを解決できる、は正しいでしょうか?

失礼しました。
九十九姉妹の効果が適用されるのは干渉終了時の為、2枚目のコマンドカードのプレイが無効になった場合は場に出す事は出来ません。
お詫びして訂正致します。
また後半の質問に関しては、既に2枚以上解決されているのであれば、コマンドカードのプレイが解決された干渉の終了時毎に効果を適用することが出来ます。

written by M.I.W [kei]

2015年6月11日

ルール修正とお知らせなど

まず今回もルールの修正があります。
詳細は下記の通りです。
デッキ1枚制限についての修正もありますので、ご一読ください。
また、ややこしかったターンを終了させる効果がこれで処理しやすくなるかと思います。


(変更)
4.10.1.a 干渉の途中で適用された場合、その干渉は通常通り最後まで解決する。

4.10.1.a 干渉の途中、または干渉終了後のタイミングで適用された場合、その干渉は通常通り最後まで解決し、他の干渉終了後の効果があればそれらを全て解決する。

4.10.2.a 干渉の途中で適用された場合、その干渉は通常通り最後まで解決する。

4.10.2.a 干渉の途中、または干渉終了後のタイミングで適用された場合、その干渉は通常通り最後まで解決し、他の干渉終了後の効果があればそれらを全て解決する。

ターンまたはフェイズを終了する処理を必ず他の効果の後に行うように修正しました。
これにより「干渉終了後」の効果であってもターンが終了するまえに解決することになります。

補足ですが、これらの効果は、効果の適用時に即座にターン(フェイズ)を終了させるものではなく、
干渉に伴う一連の効果が解決された後にターン(フェイズ)が終了するようにする効果です。
ですので、雲外蒼天のように、
「この干渉終了時に現在のフェイズを終了し、〔あなた〕はライフポイントを10得る。」
とあれば、実際にフェイズを終了させたかどうかに関わらず、
干渉終了時にライフポイントを10得ることになり、その後、フェイズの終了処理を行います。
(※この点はルール改正前と変更ありません。今回の改正ではこの範囲が干渉終了後まで広がりました)


(追加)
4.10.2.d フェイズが終了するまでにターンを終了する効果が適用されている場合、ターンを終了する効果の処理に従う。

ターンを終了する効果とフェイズを終了する効果が重複した場合、
ターンを終了する効果を優先するように明記しました。
これはターンを終了する効果の処理にフェイズの終了処理が含まれる為で、
フェイズを終了する効果の適用に失敗するわけではありません。


(変更)
10.24.2.a (自動β)〔このカード〕と同名で「デッキ1枚制限」を持つカードは、デッキに1枚しか組み込むことは出来ない。

10.24.2.a (自動β)〔このカード〕と同じカードNo.で「デッキ1枚制限」を持つカードは、デッキに1枚しか組み込むことは出来ない。

デッキ1枚制限の条件を変更しました。
これまでは、PR.008 博麗 霊夢と、PR.190 博麗 霊夢のようにテキストが異なる場合でも
デッキ1枚制限持つの同名カードを同一のデッキに組み込むことはできませんでしたが、
改正後は可能となります。
但し、2.16.3にある通り、実際のカードNo.が異なっていても、
PR.007 いぬさくやと、PR.020 いぬさくやのようにゲームの進行上同一と見なされるカードは
これまで通り合わせて1枚までとなりますのでご注意下さい。


ルール修正は以上です。
続いてご意見、質問への回答です。


>「天空の覇者」がすごく欲しいのですが入手困難な状態です。
>よろしければ再販、カードの再録の検討をお願いします。


>12弾のMind Revelationがどこにも売ってありません。こちらの再販等はないのでしょうか?

>最近Visionを初めさせていただきました。デッキ構築のためカードの情報を調べていて、
>No.696魂魄妖忌が強力だったので手に入れたいと思ったのですが、
>9弾、スターター神、妖どれも手に入らない状態でした。
>1ユーザーの我が儘で申し訳ないのですが再録を希望したいです。よろしくお願いします。

大変お待たせ致しました!
主に「天空の覇者」と「Mind Revelation」のカードの内、
既にスターターデッキ「永」、「輝」に収録されている物を除き、
厳選したカードを収録したベストセレクションの発売が決定いたしました!
7年以上再録されていなかった「大寒波」やリニューアルしたSPカード、
更に限定PRカードも収録されておりますので、是非この機会にお求め下さい。
ご希望のございました「魂魄 妖忌」も収録しています。


>ずっと探してたんですけど、スターターデッキ紅の再販とかってありえますか?
>町田のとらのあなや秋葉原にも売っていなくて...できれば再販をお願いします

申し訳ございません、スターターデッキは初回限定生産のため再版はございません。
現在販売中のスターターデッキをご利用頂きます様、お願い致します。


>サイトのトップページにQ&Aを更新しました。
>とあるのですがどこが更新されたのか分かりません。
>以前はNewマークがついていたように思うのですが、
>つかないならば何番が更新されたかも併記していただけないでしょうか?

申し訳ありません。Newマークは自動的に更新後1週間表示する仕様でした。
更新頻度を鑑み、更新後1ヶ月表示するように変更しましたので
次回から確認できるかと思います。
なお、前回の更新はQA-412とQA-413の新規追加でした。


>幻視の夜明けからメッセージが送れませんでした。
長らくエラーになっていた事に気づかず申し訳ございませんでした。
修正いたしましたので、ご意見はこちらからお送り頂きますと幸いです。



>自分の場の『No.1290 月符「サイレントセレナ」』に『No.558 宝塔』をセットしました。
>この際、『月符「サイレントセレナ」』は『宝塔』の(自分ターン)のテキストを得ますが、
>この(自分ターン)を使用した場合、この効果は《QA-281》および《QA-086》により
>キャラクター効果かつスペルカード効果かつコマンドカード効果として扱われますか。

はい、その通りです。


>『No.1517 上白沢 慧音(白沢)』の(常時)で自分の冥界のカードを目標にした際、
>相手が直接の干渉で『No.1435 地獄』をプレイしました。
>これにより『上白沢 慧音(白沢)』の効果解決前に自分の冥界は”地獄”となりますが、
>『上白沢 慧音(白沢)』の効果で目標としていたカードを除外できますか。

はい、除外されます。


>そのタイミングで解決した効果によって新たにそのタイミングで解決する効果が現れた場合
>またそのタイミングで解決する筈だった効果が無くなった場合はどう処理しますか?
>No.1376「わかさぎ姫」を例に挙げますと 前者はNo.1411「変身「トライアングルファング」」
>の効果で狼になっていたわかさぎ姫がターン終了時元に戻った後にドロー出来るのか
>後者はNo.994「忠実な死体」で場に出たわかさぎ姫がターン終了時決死の前後に
>ドロー出来るのか もちろんどちらもスペルプレイの条件はこなしているものとします

前者は条件を満たしていれば解決します。(QA-107)
後者は効果を持つキャラが場を離れていれば解決出来ませんが、
例に挙げられた状況の場合、IR-7.1.6.aによりどちらを先に解決するか選択できます。


>プレイするカードに影響する効果が存在する場合、および、プレイする場合が
>タイミングの効果が存在する場合、その効果を適用した上で、本項以外の条件を
>満たしている。但し、任意に適用できる効果の場合、適用した結果、
>本項以外の条件を満たせない事が明らかな場合、適用を試みる事は出来ない。
> >わかりづらいのでわかりやすくお願いしたい。

要するにノードやプレイ自体に関係する効果は適用したうえでプレイ出来る条件を満たしてなければ
プレイを試みれないと言うことです。


>No.1618 鈴仙・優曇華院・イナバの効果は 目標の〔キャラクター1枚〕は直ちに
>〔そのキャラクターのプレイヤー〕に攻撃を行う。攻撃を受けたプレイヤーは、
>通常通り防御、及びその他の干渉を行うことが出来る。 となっていますが、
>この場合効果処理中に攻撃を受けたプレイヤーは干渉を行うことができるように
>思えますがどうですか?

質問の意図がよく解らないのですが、攻撃が発生しているので防御を含む干渉が発生します。


>禁忌「カゴメカゴメ」によりターンが終了したとき、効果解決中に手札を捨てるときや
>カードのプレイすることで手札3枚以下になった場合、どうなりますか?

干渉や効果の解決途中でも手札が3枚以下になった場合は、ターンが終了します。
なお、干渉や解決されるべき効果は解決されてからターンが終了します。


>「壱符」について質問です。符ノ壱“博麗 霊夢”が除外されている状態で、
>無題「空を飛ぶ不思議な巫女」が決死状態になると、符ノ弐“博麗 霊夢”を
>場に出すことができますか?

いいえ、出来ません。
名称として符ノ壱”〜”を持たないため、適切な名称参照が行えません。
10.18.2.a (前略)Aはこのカードの名称である「符ノ壱“B”」のBに等しい。


>スペルがプレイされた場合、場に出すことができる岡崎夢美の効果の処理として、
>具体的にはいつ場に出ますか?
>スペルがプレイエリアに置かれたときか、干渉が終ってからのカードの解決前か後か。
>スペルのプレイが無効になった場合はどうなのか。

プレイの手順IR-5.2.3.gの時点で場に出ます。
その後プレイが無効になった場合でもこの効果が遡って無効になる事はありません。


>5.2.5カードのプレイが無効になった場合、そのプレイはプレイした回数、および、
>枚数として数えない。とありますが、ターン中相手がコマンド2枚プレイし、
>その内一つでもプレイを無効とした場合、十五段の弁々や八橋の自動βを使うことは
>できませんか?

九十九姉妹は2枚目のコマンドカードがプレイの手順IR-5.2.3.gを迎えた時点で自動βを適用して場に出せます。
従って、1枚目のコマンドカードのプレイが無効になった後に2枚目をプレイした場合、
それが1枚目としてカウントされる為、この時点では九十九姉妹は場に出せません。
一方、2枚目のコマンドカードについては前出により、プレイの手順の最中に無効にならない限りは場に出すことが出来ます。


>以前、妖精が破棄されることにより冥界または手札から場に出すことができる呪精は、
>冥界が地獄であっても手札から出すことができるとのことですが、冥界またはデッキから
>カードを場に出す五つの難題やユキ、マイのようなカードは冥界が地獄のときにはどうなりますか。

これらの効果は、〔あなたのデッキと冥界〕が対象ですので、
冥界が領域として存在していなければ対象不適切の為、解決に失敗します。
呪精の場合に冥界が無くてもよいのは、〔手札、または冥界にあるこのカード〕が対象で、
手札にあるこのカードか、冥界にあるこのカードのどちらかが満たせれば良い為です。


>No.1560 魔界の赤黒い封印で、(自動γ)〔全てのプレイヤー〕は冥界、または
>地獄にあるカードを場に出す場合とありますが、自動γは場に出す場合について
>総合ルールで定義されていないので場に出す効果の解決が終わってから
>この自動γが適用され、結果コストを払わずに済むと思われるのですがどうですか?

IR-11.3.8により場に出る場合と同義として扱います。
従って場に出る場合の効果が適用される時点で解決します。


>3.3.6.cで地獄の効果の後地獄のカードは冥界にあるものとするとありますが
>無縁塚などの冥界除去カードで除去できるのでしょうか?

IR-3.3.6.cは、地獄のカードは冥界にあるものとする、という意味ではありません。
冥界が地獄に変更される効果が適用されなくなった時、地獄が冥界に戻るという意味です。

written by M.I.W [kei]

2015年4月26日

全国大会間近


もうすぐ全国大会が開催されます。
今年の受付は先着順ですので、ギリギリになってからでは登録出来ない恐れもありますので、
参加を希望される方はお早めに登録をお願いします。
また、予選免除の権利をお持ちの方も忘れずに参加登録をお願いします。


さて、総合ルール及びカードテキストについて一部不備を修正致します。
総合ルールの変更点は以下の通りです。

(変更)
3.3.6.b 冥界は存在しない物として扱い、カードの効果で冥界のカードを指定、
あるいは参照する場合、その効果は解決または適用に失敗する。

3.3.6.b 冥界は存在しない物として扱う。

解決の失敗に関する補足の記述が不適切な為、削除しました。
カードの効果の一部が冥界を指定していても、
必ずしも効果全体が解決に失敗するとは限りません。

例えば、No.310 呪精の自動βは、〔手札、または冥界にあるこのカード〕を
対象としていますが、手札に呪精があり、冥界が地獄になっていた場合でも
効果を解決することができます。
但し、〔冥界にあるこのカード〕とあればもちろん解決に失敗しますし、
No.750 飛倉のように冥界にあるカードの枚数を参照する場合は、
冥界が存在しない為、Xを定義することができず解決に失敗します。


(変更)
10.21.2.a (自動β)〔あなた〕は、〔このカードと同名のカード〕を1ターンに1枚しかプレイ出来ない。

10.21.2.a (自動β)〔このカード〕をプレイした場合、またはプレイしたものとして解決した場合、
ターン終了時まで〔あなた〕はこのカードと同名のカードをプレイする事は出来ない。
但し、このカードのプレイが無効になった場合、この効果は無効になる。

効果の解決タイミングが判断しにくいテキストである為、修正しました。
このカードをプレイした時点で解決され、効果はカードから独立します。
その為、カードテキストが変更された場合などでもターン終了時まで効果は適用されます。


どちらの変更もこれまでに出された裁定から変更はありません。
テキスト修正に関しては、テキスト修正のページをご参照下さい。
お手数をお掛けしますがよろしくお願いします。





>プレイした場合の効果を解決するのはどのタイミングでしょうか?
>プレイして解決した場合の効果と同じタイミングでしょうか?

いいえ、プレイの手順IR-5.2.3gの直後に発生します。


>No.609 難題「蓬莱の珠の枝 ―虹色の弾幕―」の対象にならない効果を受けている
>キャラクターが場に居てNo.1019 ゲルセミウム・エレガンスをプレイして冥界の
>「神器」を除外し、その後の効果で 術者であるそのキャラクターを対象にすることが
>出来ますか?

除外された事によって冥界の神器が1枚以下になった場合は、可能です。


>フジヤマヴォルケイノのテキストで質問があります。
>〔全てのプレイヤー〕は必要ノードの合計が30以上とありますが。
>プレイヤー二人合わせたノードの合計なのか、各プレイヤーそれぞれでデッキの
>ノード合計なのかどちらでしょうか?回答よろしくお願いします。

後者です。


> 17弾 岡崎夢見が3枚冥界にあり、場に岡崎夢見が居ない時、
>スペルカードをプレイした場合、岡崎夢見は3枚場に出すことができますか?
>小悪魔と違い、「同時に複数枚場に出すことができない」の記述はない。

自動効果は1つずつ解決されます。従って、1枚目を解決した時点で他の岡崎 夢見の解決の条件を満たさなくなり、場に出す事は出来ません。


>@自分の冥界にNo.1636 岡崎 夢美が1枚も存在せず、自分の場に1枚だけ 岡崎 夢美が
>居る時、罪符「彷徨える大罪」で自分の場の岡崎 夢美を選び決死状態にして冥界に送りました、
>その後罪符「彷徨える大罪」をプレイしたことにより岡崎 夢美の自動βが解決されて
>冥界から場に出ますでしょうか。
>A自分の場にNo.1376 わかさぎ姫が居る時、相手ターン中に表象「弾幕パラノイア」などで
>スペルカードを”プレイしたものとして解決”した場合、その相手ターンの終了時に
>わかさぎ姫の自動γにより1ドローできますでしょうか。

@スペルカードをプレイする時点で場に岡崎 夢見が存在するため、岡崎 夢見の自動βの条件を満たせない為、場に出せません。
Aはい、できます。実際にプレイはしていませんがプレイしたものとして扱われます。


>再起動など、プレイしたものとして扱う効果について、その効果を適用されたカードは
>一度プレイエリアに移してから特定の領域に移動しますか?

はい、その通りです。


>春の小径の効果で妖精をプレイしたものして場に出した場合、
>No1613の梅霖の妖精の効果でターン終了時にカードを引くことができますか?

はい、できます。


>15段のリリーホワイトの効果により、妖精に速攻を付与するチルノを出した場合、
>リリーホワイトは速攻の効果で起きることはできますか?

はい、まだ場に出た場合の効果を解決するタイミングで速攻を得ている為、できます。


>八雲紫(No.1158)の効果でプレイされたカードを無効にするコマンドを
>相手のプレイされているカードに使用する事はできますか?
>相手のコマンドカードに紫の効果で作戦阻止などです

はい、出来ます。


>《No.459 祇園様の剣》について質問です。
>このカードの自動γの解決タイミングは、戦闘処理でいう相手の攻撃宣言の後
>「2,攻撃が条件である効果の発生と解決」で間違い無いでしょうか?
>相手の攻撃宣言に干渉してアクティブ状態のキャラクターに装備させても、
>攻撃宣言したキャラクターに4ダメージは与えることができない。
>といった解釈で間違いありませんか?

はい、IR-6.3.4.fで解決されます。
テキスト修正とさせて頂きました。



>プレイできない とは
>プレイエリアに置くことができない という意味なのかそれとも
>プレイエリアに置くが、効果の解決に失敗する という意味なのか
>どちらなのでしょうか?

どちらでもありません。
そもそもプレイを試みる事自体が出来ません。


>雲外蒼天のβ効果で10点の回復をするとき、ライフが1点の状態で11点の
>ダメージを受けた場合、ライフはいくつになりますか?

-10→0で0です。


>No.1158八雲紫の効果でマナの生成を使った場合どうなりますか?
ノードへ置かれるカードは必ず本来の持ち主のノードに置かれます。
従って、相手のノードに置かれます。


>いつも楽しくプレイさせて頂いております。
>質問なのですが、No.1455東方のインフルーエンス が場にある状態で、
>No.1605北白河 ちゆりをプレイした場合、冥界にある本来のテキストを持たない
>キャラクターを参照することはできますか?

はい、出来ます。



>相手が1枚のカード(A)を目標にして『No.277 無縁塚』をプレイしたため、
>干渉して『No.635 バザー』をプレイしました。この時、バザーの効果でAを含む
>5枚のカードを抜き出し、相手の選択によってAを含む3枚のカードが冥界の上に
>戻った場合、Aは無縁塚の効果で除外されますか。
>また除外される場合、冥界の上に戻したカードが全てAと同名であった場合、
>どのカードが除外されますか。

領域を移動せず、常に公開状態為、除外されます。
除外されるのは、目標として指定されていた特定のカードが除外されますが、
冥界に戻されるカードが全て同じ場合は、他の効果を受けてない限りは
実質的にどれでも構いません。


>いつもお疲れさまです!
>おかげで楽しませてもらってます!
>お手数おかけしますが、ルールを見てもややこしかったので質問させていただきます。
>変身状態の時の攻撃力が、3以下の場合、「大きくなあれ」の目標として取ることが
>出来、戦闘力を3倍にすることは可能ですか?
>また、3倍になっている状態で通常状態に戻ると、戦闘力はどうなりますか?

変身状態の場合は変身後の戦闘力が本来の戦闘力として扱われるため、目標として適切です。
元の状態に戻った時に本来の攻撃力が4以上の場合、目標として不適切になるため、
効果は失われます。


>No.1527光熱「ハイテンションブレード」のダメージを与えられなかった場合の効果は
>総合ルールではどのタイミングで適用されますか?

6.2.4.dの解決後に適用されます。

written by M.I.W [kei]

2015年3月15日

ルール不備の修正など

3月に入り全国大会の権利大会も始まりました。
皆さんの戦績は如何でしょうか。
まだ期間はありますので、いつもとは違う地域に遊びに行くのも良いかもしれませんね。
今回の全国大会は2日間にわたって開催されますが、1日だけしか参加出来ないという方もいらっしゃるかと思います。
2日目は申し訳無いですが事前に権利を取って頂くしかないのですが、
1日目の上位入賞者及び予選通過者と、予選免除で2日目からの参加の方には参加賞の他に簡単な粗品を進呈しようと考えております。
1日目だけの参加でも問題ありませんので、腕試しや交流の為にこの大規模大会の機会をご利用ください(∪^ω^)
もちろん、2日間参加可能な方は是非優勝目指して頑張ってください(^o^)/


さて、いくつかルールの不備が確認されましたので、それらについて修正します。

(変更)
1.12.11 干渉の解決中、及びターンやフェイズの移行中はいずれのプレイヤーも優先権を持たない。

1.12.11 干渉の解決中、ターンやフェイズの移行中、及び解決すべき効果または処理がある間はいずれのプレイヤーも優先権を持たない。この間の優先権は保留され、処理の終了後に優先権を得る。


(削除)
6.4.5.d 優先権がターン進行順の次のプレイヤーに移る。

優先権の定義を見直しました。
効果の解決中など、何らかの処理を行っている最中はカードのプレイ等はできませんので、いずれのプレイヤーも優先権を持ちません。


(追加)
10.28.3.a 変身状態でない状態のことを通常状態という。

(変更)
10.28.7 変身状態から戻る場合、以下の手順で処理する。

10.28.7 変身状態から通常状態に戻る場合、以下の手順で処理する。

(変更)
10.28.9.a セットカードから変身状態の記述を得て変身状態になっている場合、そのセットカードのテキストが無効になった時点で、変身状態から戻る。

10.28.9.a セットカードから変身状態の記述を得て変身状態になっている場合、そのセットカードのテキストが無効になった時点で、通常状態に戻る。このルールはカードの効果に優先する。

(変更)
10.28.10 変身状態のキャラクターは、そのカードが置かれている領域を持つプレイヤーのターン開始時に変身状態から戻る。

10.28.10 変身状態のキャラクターは、そのカードが置かれている領域を持つプレイヤーのターン開始時に通常状態に戻る。

(変更)
10.28.11 変身状態のキャラクターがキャラクターとしての情報を失う場合、同時に通常状態に戻る。

10.28.11 変身状態のキャラクターがキャラクターとしての情報を失う場合、同時に通常状態に戻る。このルールはカードの効果に優先する。

通常状態の定義を追加し、表現を修正しました。


以下、ご意見、ご質問等への返信です。


>最近始めたのですが、神奈子たちや
>冥界組の連結のカード(キャラ、スペル共に)が
>なかなか手に入れられないので「POWER OF UNION」のような
>連結カードを集めたスターターがほしいです。
>よろしければ検討お願いします。
 
現時点では「Power of Union」の再版、
及び他ブースターのスターター化予定はございませんが、
構築済みデッキやPRカードとして
なるべくフォローしたいと考えております。


>いつも楽しくプレイさせて頂いております。
>コスの小道具としてカードを使い、
>その写真をコスROMなどにアップしてもよろしいでしょうか?

個別に許可を行わせて頂きますので、
お手数ですがメールアドレスを記載の上、ご連絡ください。
但し18禁の作品に関しましては許可致しかねますので、
予めご了承ください。


>失礼します。スターターデッキ神が
>ショップで探しても売り切れてしまっているのですが
>再販の予定はありますか?

スターターデッキは全て初版限定で再版はございません。


>最近始めたのですが[Vengeful Pygmy] や
>今回新たに発売された[Bewitching Fairy]買ったところ、
>「霧の湖」を必要とするカードがあり、ほしいと思ったのですが、
>「天空の覇者」が入手困難な状態でした。再録していただけませんか?

配慮が不足しており申し訳ございませんでした、再録させて頂きます。



>十弾の橙と八雲藍は、場にいる幻想の偉容チームの中に八雲紫がいるので、
>幻想の偉容チームと同じ攻撃力と耐久力になりますか?

幻想の偉容チームの戦闘力が一番高い場合、そうなります。


>1699フェアリー冒険譚の効果は3つまで選ぶとなっていますが、
>同一の効果を2つ、ないし3つ選ぶことは可能でしょうか?

できません。すべて異なるものを選んでください。


>いつも楽しくプレイさせていただいてます。
>質問なのですが、毒爪「死なない殺人鬼」と「サイケドール」を両方持っている
>キャラクターがいる状態で、そのキャラクターが「サイケドール」の起動効果を
>発動した場合、ダメージ量や解決の順序などどういった処理になるのでしょうか。

まずサイケドールの起動効果の解決時にサイケドールにより決死状態になります。
その時点で死なない殺人鬼による自動γが解決され、決死状態が無効になり、
相手プレイヤーに4ダメージが発生します。
その後、サイケドールの解決に戻り、5ダメージを目標に与えます。


>『No.1194 炯眼』を以下のキャラクターを目標としてプレイできますか?
>またプレイできる場合、通常状態に戻す効果、及びターン終了時のドロー効果は
>適用できますか?
>1.「変身」を持たず、通常状態であるキャラクター
> ※この場合、ターン終了時にドローできるのか否かのみです
>2.「変身」を持たないが、変身状態であるキャラクター
> ※例:『No.1411 変身「トライアングルファング」』の効果で変身状態に
>なっているキャラクターなど
>3.「変身」を持たないが変身状態であり、通常状態に戻る事が出来ないキャラクター
> ※例:『No.1377 赤蛮奇』など

前提として、目標は〔キャラクター1枚〕であるため、変身の有無にかかわらず
目標にできます。
1.ドローできます。
2.通常状態に戻し、ドローします。
3.「通常状態に戻る事が出来ない」という効果が適用されている場合は、
  出来ないという効果が優先され、戻す効果の適用に失敗し、ドローできません


>『No.534 宝塔「レイディアントトレジャー」』のプレイ(1.の効果を選択)で
>自分の場の「種族:妖怪」を持つキャラクターを目標にしたところ、相手が干渉で
>『No.1314 御札のリボン』をそのキャラクターを目標にプレイしました。
>この場合、デッキから【装備】を持つ「宝塔」を抜き出すことはできますか?
>また抜き出せる場合、その「宝塔」にはIR-11.4.3とIR-11.4.4のどちらのルールが
>適用されますか?

抜き出すことはできますが、セットに失敗し、IR-10.13.4により破棄されます。


>「No.980 蟷螂の斧」や「No.876 グリモワールオブアリス」などのように、
>「(〜何らかの条件〜)を目標にプレイすることは出来ず、セットすることが出来ない。」
>とあるカードについて、セット後にキャラクターが条件を満たさなくなった場合、
>これらのカードは破棄されますか?
>(例えば蟷螂の斧のセットキャラクターの必要ノードが3以上になった場合や、
>グリモワールオブアリスのセットキャラクターの種族が「魔法使い」以外になった場合など)

いいえ、破棄されません。


>「No.450 後天性変異」に以下のキャラクターカードがセットされている場合、
>自分の場のキャラクターの種族はどのようになりますか?
>1.「種族:なし」のキャラクターカード1枚
>2.「種族:なし」と「種族:妖怪/獣」のキャラクターカードそれぞれ1枚ずつ
>(種族を持つ/持たないを参照する場合、「種族:なし」は”種族を持たない”として
>扱われるのか否か)

1.「種族:なし」になります。
2.「種族:妖怪/獣」になります。
  通常の種族を持つ場合は種族なしとしては扱いません。


>「フェアリー冒険譚」は同じ効果を複数回選べることが出来ないと言う回答ですが
>何故ですか?「天竜「雨の源泉」」のように「ただし同じ効果を複数選ぶ事は出来ない。」
>と言う記述がないので出来るようにも思えるのですが。総合ルール、Q&Aを良く見たのですが
>理由が分からないのです、すいませんが教えていただけると嬉しいです。

3回選ぶではなくあくまで3つまで選ぶからです。


>『No.060 時符「プライベートスクウェア」』のプレイが解決され、ターン終了時まで
>の間に除外エリアに置かれた場合、IR-11.3.5により(自動β)の効果で手札に戻すことは
>できないという認識で間違いないでしょうか。

はい、その通りです。


>ふと気になったのですが、総合ルールの敗北条件
>1.5.3.a ライフポイントが0点以下の状態で、いずれかのプレイヤーが優先権を得た。
>の「優先権を得た」とは「優先権を得た瞬間にのみ判定が行われる」「優先権を持っている
>間は判定が行われる」のどちらですか?文面通り見るなら前者のように思えますが、
>その場合総合ルール5.2.3から賢者の石など「特定のカードをプレイした(された)場合」に
>ダメージが発生すると、優先権が次のプレイヤーに移る→ダメージ処理が発生する、
>になり、そのダメージでライフが0以下になってもまだ敗北でなく干渉が行えることから
>「特定のカードをプレイする(される)場合」にライフを得る状況が起こり得るとしたら
>敗北を回避できると思いますが正しいですか?

優先権はカードのプレイ等を行う権利であり、ご質問のような状況では
ダメージ処理の前に割り込んでプレイすることは出来ませんので、
正確には優先権を得ていません。
ですので優先権に関するルールを修正とさせて頂きました。
ご迷惑をおかけしまして申し訳ありません。

判定のタイミングとしましては、いずれかのプレイヤーが優先権を行使しての
行動ができる状態になった時になります。


>いつもVISIONを楽しませてもらっています。
>太陽の畑 の効果によりxが0のときでもライフを得ることはできますか?

いいえ、0枚をノードに加えることはできませんので、解決に失敗します。


>加護持ちのキャラクターの攻撃が14弾ちゆりにガードされ、
>ちゆりのコントロール奪取効果が発生したとき、
>加護は発生しますか?

いいえ、加護は目標を取らない効果には発生しません。


>カード効果でデッキを参照した後などに多く記述されている「その後、デッキを
>シャッフルする。」という部分なのですが、このテキストだと、シャッフルする
>デッキが自分のデッキなのか相手プレイヤーのデッキなのかという明確な指定がありません。
>そのため、例えば自分のデッキを参照したにもかかわらず相手プレイヤーのデッキを
>シャッフルすることが出来てしまいます。自分のデッキについては総合ルール3.2.5が
>適用され、シャッフルが行われるので、ルール上の問題が発生しないと思うのですが
>可能なのでしょうか?
>また、『No.108 幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」』や『No.1016 月眼「月兎遠隔催眠術
>(テレメスメリズム)」』のように、シャッフルするデッキを指定してあるテキスト
>との違いを教えて下さい。

主語が前出のデッキと同様の為省かれていますが、その効果が適用されたデッキのみをシャッフルします。
それ以外のデッキをシャッフルすることは出来ません。
書いてあるかどうかについては、表記に余裕がある場合や、わかりやすく書いてある場合があり、実際的な差はありません。


>No.1506レティ・ホワイトロックについて質問です。このキャラクターが持つ自動βにある
>『プレイしたカードの効果』というのは『プレイされているカードの効果』という解釈で
>よろしいですか?だとすればこの自動βはスペルカードやコマンドカードの効果にのみ
>対応できてキャラクターカードの持つ自動効果や起動効果には
>一切対応できないということですか?

概ねその認識で問題ないと思います。
場のカードの効果には基本的に対応出来ませんが、
場のカードが持つ「プレイしたものとして解決する効果」でノードに置かれることがあれば、
レティ・ホワイトロックの効果が適用されます。


>No.1658冷符「瞬間冷凍ビーム」についてです。このスペルカードの意図は
>『好きな枚数のキャラクターを選んでそれら全てにそれぞれ2枚ずつ霜をセットする』
>というものですか?それとも『2枚の霜をキャラクター2枚までに割り振る』
>というものですか?

前者です。


>IR-6.4.5には、防御を行うという効果が適用されるか奇襲・速攻を持つキャラクターカードが
>防御を兼ねてプレイされて場に出た際に以下の処理を行うとあり、その処理の中に
>IR-6.4.5.d「優先権がターン進行順の次のプレイヤーに移る。」というものがあります。
>優先権が相手に移るということは、干渉でカードをプレイできるタイミングがあると
>いうことになると思われますが、「No.149 反転攻勢」などの場以外のキャラクターカードを
>場に出して防御させる場合や、「No.006 リグル・ナイトバグ」などの奇襲・速攻を
>持つキャラクターカードで手札から場に出して防御を行う場合、防御を行ったタイミングで
>相手が優先権を行使してその防御キャラクターを「No.736 緑眼のジェラシー」で
>決死状態にすることはできますか。

総合ルールを修正しました。
ご迷惑をおかけしまして申し訳ありません。


>「No.078 黄泉の舟」をプレイして、自分のデッキから「No.1502 古明地 こいし」1枚を
>破棄しました。この場合こいしの(自動β)を使用することはできますか?
>(IR-11.4.1には「抜き出すとは、指定されたカードを一時的に元の領域から取り出す
>処理である。」とあるが、この”抜き出したカード”は抜き出している間、
>元の領域に属しているのか否か)

抜き出している間も元の領域に所属しています。
その為こいしの自動効果を適用出来ます。


>相手の場に『No.1280 西行寺 幽々子』が存在し、自分の場に『No.818 西行妖』が存在し、
>自分の冥界に『No.1398 九十九 弁々』が2枚(A,B)とその他のキャラクターC存在しています。
>この場合に、『No.994 忠実な死体』の効果で弁々(A)を場に出すと幽々子の効果で
>IR-11.3.9.cタイミングで弁々(A)は決死状態になりますが、この件について
>以下の質問があります。
>1.弁々(A)の(自動γ)で弁々(B)を場に出し、弁々(B)の(自動γ)を解決する場合、
>まだ弁々(A)はIR-9.2.3.dのタイミングであるためIR-9.2.3.eの破棄する処理が行われて
>おらず冥界に存在しないため、弁々(B)の(自動γ)で場に出すことはできない。
>この認識で間違いないでしょうか。
>2.弁々(A)の(自動γ)でCを場に出しました。この場合、西行妖の(自動γ)は
>弁々(A)が場に出たタイミング(IR-11.3.9.dでしょうか?)で発動しますが、効果処理中で
>あるため処理が終了するまで待機します。
>その後、この効果の解決前にCが場に出ますが、このタイミングで西行妖の(自動γ)は
>発動しますか?((自動γ)が処理待機中にもう一度発動条件を満たした場合に、
>再び発動するのか否か)

1.その通りです。
2.九十九弁々Aは11.3.9.cの時点で戦闘修正により、決死状態になり、
  先にCの11.3.9.dが処理され、Cに対する西行妖の(自動γ)が解決されます。
  その後、弁々Aが破棄される為、弁々Aに対する西行妖の(自動γ)は解決されません。


>自分の場の「ホフゴブリン」に「パセストバイフェニックス」がセットされている状態で、
>ホフゴブリンのセットカードを手札に戻す効果を使用した場合、どのような処理になりますか?

ホフゴブリンの決死状態の処理の際にパゼストバイフェニックスが破棄され、
効果によりパゼストバイフェニックスを移した場合は、ホフゴブリンが手札に戻り、
その後、パゼストバイフェニックスも手札に戻ります。


>No.961の禁忌「フォーオブアカインド」を使ってフラン4体出した後に、
>No.1338の可能性空間移動船を使った場合、フランは破壊されずに3体残り、
>残りの1体はそのままデッキの下にいきますか?また、一番デッキの下にいったカードが
>次に手札に戻ってきた時には、フランとして扱うことはないのでしょうか?

破壊ではなく破棄だと思いますが、デッキに戻す場合は破棄では無いのでフォーオブカインドの効果は適用されません。
また、一度場を離れた場合はフランドール・スカーレットではなくなります。


> No.1659 蠢符「ナイトバグストーム」の効果について質問です。
>PR.046 封獣 ぬえの(自動β)で相手プレイヤーの場の裏向きの「キャラクター」を
>こちらの場に移した場合、こちらの場で新たにキャラクター「幻夢」として扱われますが、
>その際に蠢符「ナイトバグストーム」の(自動β)は適用されますか?

はい、適用されます。


>IR-3.2.5にある他の効果でデッキのカードをドローする等、操作する場合の等には
>デッキの上のカードをノードに加えるたり、裏向きで場に出すことも含まれますか?
>等では曖昧なので具体的に修正して欲しいです。

それらはデッキのカードを移動する操作が発生する為、含まれます。
修正については検討致します。

written by M.I.W [kei]