施行日
このテキスト修正は 2011/03/28 に施行されました。

キャラクターカード
No.762 惨禍の閃光チーム
改訂前【連結(「古明地 さとり」+「霊烏路 空」)】 抵抗(2)
(自動β)〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、〔あなた〕は〔相手プレイヤーの場のカード及び手札を合わせてX枚まで〕を選び、破棄する。Xはこのキャラクターにセットされているカードの枚数に等しい。
(自動γ)あなたのターン終了時に、〔あなたのデッキの上のカード1枚〕を裏向きにして〔このキャラクター〕にセットする。
改訂後【連結(「古明地 さとり」+「霊烏路 空」)】 抵抗(2)
(自動γ)〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、〔あなた〕は〔相手プレイヤーの場のカード及び手札を合わせてX枚まで〕を選び、破棄する。Xはこのキャラクターにセットされているカードの枚数に等しい。
(自動γ)あなたのターン終了時に、〔あなたのデッキの上のカード1枚〕を裏向きにして〔このキャラクター〕にセットする。
No.764 地獄の鳥獣チーム
改訂前【連結(「霊烏路 空」+「火焔猫 燐」)】
(常時)1:目標の〔あなた場のカード1枚〕を破棄する。その後、〔このキャラクターを目標にしたスペルカード、またはコマンドカード1枚〕のプレイを無効とし、破棄する。
(自動γ)〔「ゾンビ」以外のあなたの場のキャラクター〕が決死状態になった場合、その決死状態を無効としても良い。無効にした場合、そのキャラクターを裏向きで、あなたの場にスリープ状態でセットする。以後、そのカードは以下の効果を持つキャラクター「ゾンビ(GRAZE2、4/1、種族:幽霊)」として扱う。
「【(自動γ)〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、破棄される代わりにゲームから除外する。】」
改訂後【連結(「霊烏路 空」+「火焔猫 燐」)】
(常時)1:目標の〔あなたの場のカード1枚〕を破棄する。その後、〔このキャラクターを目標にしたスペルカード、またはコマンドカード1枚〕のプレイを無効とし、破棄する。
(自動γ)〔「ゾンビ」以外のあなたの場のキャラクター〕が決死状態になった場合、その決死状態を無効としても良い。無効にした場合、そのキャラクターを裏向きで、あなたの場にスリープ状態でセットする。以後、そのカードは以下の効果を持つキャラクター「ゾンビ(GRAZE2、4/1、種族:幽霊)」として扱う。
「【(自動γ)〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、破棄される代わりにゲームから除外する。】」

スペルカード
No.718 心花「カメラシャイローズ」
改訂前 〔あなたのデッキの上のカードX枚〕を見る。その後、この効果で見たカードを新たな手札としても良い。そうした場合、〔このカード〕と本来の手札を任意の順番でデッキの下に戻す。あなたの場に「古明地 さとり」がいる場合、デッキの上に戻しても良い。 Xはこの効果でデッキの上のカードを見る時点での、あなたの手札枚数に等しい。

(自動β)〔あなたの手札〕が相手プレイヤーのカードの効果によって見られる場合、あなたは〔手札にあるこのカード〕を公開しても良い。公開した場合、〔相手プレイヤーはあなたの手札1枚〕を無作為に選び、公開する。「カメラシャイローズ」以外のカードが公開された場合、そのカードの効果を無効とし、破棄する。
改訂後 〔あなたのデッキの上のカードX枚〕を見る。その後、この効果で見たカードを新たな手札としても良い。そうした場合、〔このカード〕と本来の手札を任意の順番でデッキの下に戻す。あなたの場に「古明地 さとり」がいる場合、デッキの上に戻しても良い。 Xはこの効果でデッキの上のカードを見る時点での、あなたの手札枚数に等しい。

(自動β)〔あなたの手札〕が相手プレイヤーのカードの効果によって見られる場合、あなたは〔手札にあるこのカード〕を公開しても良い。公開した場合、相手プレイヤーは〔あなたの手札1枚〕を無作為に選び、公開する。「カメラシャイローズ」以外のカードが公開された場合、そのカードの効果を無効とし、破棄する。
No.777 正体不明「紫鏡」
改訂前【連結(「正体不明の種」+「転化」)】 【幻想生物】 抵抗(1)
(自動γ)〔このキャラクター〕が破棄された場合、〔場の「紫鏡の記憶」全て〕を破棄する。
(自動β)〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔全ての相手キャラクター〕に〔デッキの上のカード1枚〕を裏向きにしてセットする。そのカードは以後、以下の効果を持つ呪符カード「紫鏡の記憶」として扱う。
【「(自動γ)あなたのターン終了時、〔このキャラクター〕を決死状態にする。」】
改訂後【連結(「正体不明の種」+「転化」)】 【幻想生物】 抵抗(1)
(自動γ)〔このキャラクター〕が破棄された場合、〔場の「紫鏡の記憶」全て〕を破棄する。
(自動β)〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、〔相手プレイヤー〕は〔自分の場のキャラクター全て〕に〔デッキの上のカード1枚〕を裏向きにしてセットする。そのカードは以後、以下の効果を持つ呪符カード「紫鏡の記憶」として扱う。
「【(自動γ)あなたのターン終了時、〔このキャラクター〕を決死状態にする。】」

コマンドカード
No.134 魔法研究
改訂前 〔あなたのデッキ〕を全て見て、スペルカード1枚を抜き出し、デッキをシャッフルする。その後、抜き出したカードを相手プレイヤーに見せてからデッキの上に置く。
改訂後 〔あなたのデッキ〕を全て見て、スペルカード1枚を抜き出しても良い。その後、デッキをシャッフルし、抜き出したカードを相手プレイヤーに見せてからデッキの上に置く。
No.397 執念の炎
改訂前【呪符】
(自動β)「執念の炎」がセットされた場合、〔セットされたキャラクターのプレイヤー〕はライフポイントを10得る。
(自動γ)〔このキャラクターにセットされている「執念の炎」1枚〕が破棄された場合、〔あなた〕は10ダメージを受ける。
改訂後【呪符】
(自動β)このキャラクターに「執念の炎」がセットされた場合、〔セットされたキャラクターのプレイヤー〕はライフポイントを10得る。
(自動γ)〔このキャラクターにセットされている「執念の炎」1枚〕が破棄された場合、〔あなた〕は10ダメージを受ける。