解決済みの質問
検索結果 416件中 151〜200件目 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>
※緑の背景はルール上の、青の背景はカードの質問です。
QA-151
手札を全て破棄する効果に対してNo.461 渾天儀の自動効果は適用できますか?
A.
はい、出来ます。破棄する時点での手札の枚数をXとします。
QA-152
「プレイする〜カードのコストは±Xされる」という効果が発生している時、手札にあるカードのコストを参照する場合には±Xとして扱いますか?
A.
いいえ、扱いません。適用されるのはカードをプレイする時のみです。
QA-153
相手のカードの効果が全てのプレイヤー(や手札など)を対象とする場合、No.445 禁弾「カタディオプトリック」の効果を適用することは出来ますか?
A.
はい、出来ます。
QA-154
No.364 想起「テリブルスーヴニール」の目標となって解決されたカードは、解決後に冥界の上に置かれますか?
A.
はい、それが場に残るカードでない場合は冥界に上に置かれます(先に目標となったカードが冥界に置かれます。)
QA-155
自分のスペルカードのプレイに干渉し、No.412 知略の幻術チームの(常時)効果を使用した場合、解決時に目標を選び直して効果を解決出来ますか?
A.
いいえ、出来ません。目標の指定を行えず、スペルカードの解決に失敗します。
QA-156
No.384 運命のダークサイドが解決された状態で、No.437 水符「河童のポロロッカ」が解決される場合、どのように解決しますか?
A.
全てプレイヤーはそれぞれ手札上限枚数から現在の手札枚数を引いた枚数に等しい手札を破棄します。ドローが発生しないため、「その後」以降のXは0枚として扱います。
QA-157
「先制」を持つキャラクターが攻撃した場合、「先制のタイミング」の後に「通常のタイミング」でも再度戦闘ダメージは発生しますか?
A.
いいえ、発生しません。
QA-158
裏向きのキャラクターに対し、装備カードや呪符カードをセットすることは出来ますか?
A.
はい、出来ます。
QA-159
攻撃は相手プレイヤーを対象として扱いますか?
A.
いいえ、扱いません。攻撃は特定の対象を取りません。
QA-160
「貫通」の効果によって相手プレイヤーに戦闘ダメージを与える場合、No.445 禁弾「カタディオプトリック」でそのキャラクターを破棄することは出来ますか?
A.
いいえ、出来ません。
QA-161
No.465 再思の道の解決後、場の裏向きのカードが破棄され、それがキャラクターカードでそのターン最後に破棄されたものだった場合、場に出ますか?
A.
はい、出ます。
QA-162
No.037 蓬莱山 輝夜が場に2枚いる状態で、片方のNo.037 蓬莱山 輝夜が起動効果を使用した事に干渉し、もう片方のNo.037 蓬莱山 輝夜が起動効果を使用し解決した場合、デッキから「八意 永琳」を合計2枚場に出すことは出来ますか?
A.
はい、出来ます。
QA-163
「スペルカードの効果の対象にならない」効果を受けている「貫通」を持つキャラクターで攻撃をし、相手キャラクターが防御しました。戦闘の解決時、相手がNo.445 禁弾「カタディオプトリック」の自動効果を適用する場合、攻撃を行ったキャラクターは破棄されますか?
A.
No.445 禁弾「カタディオプトリック」では貫通を無効にすることはできません。

ただし、No.445 禁弾「カタディオプトリック」で無効にできる効果を使用した場合、No.445 禁弾「カタディオプトリック」自身はキャラクターを対象としないため、そのキャラクターを破棄することは出来ます。
QA-164
No.387 空間操作が場にあり自分の場のキャラクターが2枚以上いる場合、No.464 召喚魔術でデッキから「幻想生物」を場に出すことは出来ますか?
A.
はい、出来ます。
QA-165
自分の冥界の一番上にNo.466 悠久の月明があり、「八意 永琳」が存在する場合、その相手キャラクターは「No.448 密命」などで攻撃を行うことは出来ますか?
A.
実質的に出来ません。「攻撃を行う」という効果を解決することは出来ますが、攻撃が発生した時点で直ちに攻撃が取り消されます。
QA-166
「隠密」を持つキャラクターの攻撃をNo.463 ヴォヤージュ1970を装備した種族が異なるキャラクターで防御した場合、どちらの効果が優先されますか?
A.
No.463 ヴォヤージュ1970の効果で攻撃が取り消されます。No.463 ヴォヤージュ1970は防御を宣言した時点で直ちに適用される効果であるのに対し、「隠密」が解決されるのは戦闘開始時です。
QA-167
No.440 虚人「ウー」との戦闘が発生する時、No.454 逆さ虹を解決した場合、戦闘力は入れ替わりますか?
A.
はい、入れ替わります。戦闘修正とは戦闘力の加減算のみを指します。
QA-168
攻撃に対する干渉でNo.149 反転攻勢をプレイし、さらにその後No.448 密命の2番目の効果で自分の場のキャラクターに防御させる場合、2枚以上のキャラクターで防御できますか?
A.
いいえ、出来ません。既に防御を行うキャラクターが存在しているため、No.149 反転攻勢の解決に失敗します。
QA-169
冥界のカードを裏向きにして場に出す効果に対し、No.442 天呪「アポロ13」の常時効果が解決されていた時、裏向きで場に出すカードがキャラクターカードの場合、場に出す事は出来ますか?
A.
いいえ、出来ません。場に出す効果の解決に失敗します。
QA-170
No.309 水橋 パルスィの起動効果で目標を指定した後、No.162 鍵山 雛の自動効果により目標が変更された場合、支払うコストは本来の目標とNo.162 鍵山 雛のどちらのグレイズ値を参照しますか?
A.
支払うコストは本来の目標のグレイズ値を参照します。但し、変更される攻撃力は、変更後の目標のグレイズ値を参照します。コストは既に支払い終わっているため、変更されたとしても影響されません。
QA-171
「デッキ1枚制限」のカードについて、同名のカードが他に存在する場合、デッキに組み込めるのは合わせて1枚までですか?
A.
いいえ、「デッキ1枚制限」のカードのみ1枚までです。同名のカードが「デッキ1枚制限」を持たない場合、デッキ1枚制限のカード1枚+同名のカード2枚まで組み込むことが出来ます。
QA-172
「連結」を持つスペルカードが解決される時、指定されたカードをゲームから除外できなかった場合、そのスペルカードは「プレイされ、効果が解決された」として扱いますか?
A.
いいえ、効果の解決に失敗したとして扱います。
QA-173
「持続」であるカードが「解決された」とみなされるのはどのタイミングですか?
A.
そのカードのプレイが解決される、あるいは、他の効果によって解決された時です。解決されたことにより「持続」の効果が発生します。
QA-174
1枚のキャラクターに複数セットされていたNo.397 執念の炎が同時に複数枚破棄された場合、相手に自動効果により発生するダメージは何点になりますか?
A.
X枚が破棄された場合、1枚ごとに10×Xダメージが発生します。2枚の場合は20+20で合計40ダメージになります。
QA-175
No.038 藤原 妹紅の自動効果が無効になっている状態で場から破棄された場合、ターン終了時に場に出す事は出来ますか?
A.
はい、出来ます。
(参考:IR-2.1.4.b
QA-176
術者が居るスペルカードのプレイに干渉してNo.468 奪われた叡智をプレイしました。その後、No.468 奪われた叡智が解決される前に術者が場を離れた場合、No.468 奪われた叡智の自動効果で術者が居なくなったスペルカードを目標にすることは出来ますか?
A.
はい、出来ます。No.468 奪われた叡智の自動効果が解決される時点で目標として適切であれば目標に指定できます。
QA-177
名称を宣言する場合、デッキに組み込むことが出来ないカードの名称を宣言することは出来ますか?
A.
はい、VISIONのカードであれば出来ます。
QA-178
No.073 禁忌「レーヴァテイン」を装備した自分のキャラクターに干渉でNo.448 密命を解決しました。その後攻撃が相手プレイヤーに与えられたため、自動効果により相手のデッキが5枚破棄されました。その中にNo.373 閉ざされた瞳があった場合、No.448 密命の効果により戦闘は行われますか?
A.
はい、行われます。
フェイズの移行を処理し、ディスカードフェイズ開始時の処理を行った後、ディスカードフェイズでの優先権が発生する前に攻撃が行われます。
(参考:IR-4.10.2
QA-179
場にセットされている、裏向きで名称が存在しないカードが複数ある場合、No.370 「全人類の緋想天」の効果によって破棄されますか?
A.
いいえ、破棄されません。名称が存在しないカード同士を同名のカードとしては扱いません。
QA-180
「冥界の上のカードX枚」とは、冥界にあるカードを任意にX枚選んでよいのですか?
A.
いいえ、「冥界の一番上にあるカードから順番にX枚」です。
QA-181
本来のプレイヤーではないプレイヤーの場からカードが破棄された時にそのカードが「このカードが破棄された場合〜」という自動効果を所持していた場合、どちらのプレイヤーがその効果を解決しますか?
A.
破棄された時に存在していた場のプレイヤーが解決します。この場合は、本来のプレイヤーではない方のプレイヤーが解決します。
QA-182
冥界に置かれているカードが自動効果を発揮している時、「〜無効とし、破棄する」という効果が適用された場合、その自動効果は無効になりますか?
A.
はい、無効になります。
(参考:IR-7.1.9
QA-183
No.247 迷ひ家でゲームから除外されたキャラクターカードをNo.339 符ノ弐“八雲 紫”の起動効果で場に出した場合、No.247 迷ひ家のそのキャラクターを本来のプレイヤーの場に戻す効果は適用されますか?
A.
いいえ、適用されません。
QA-184
No.384 運命のダークサイドの効果によって手札をX枚破棄する場合、この破棄はNo.384 運命のダークサイドの効果による破棄か、元のXドローを発生させたカードの効果による破棄か、どちらとして扱いますか?
A.
No.384 運命のダークサイドの効果によってXドローが無効になり手札を破棄するため、No.384 運命のダークサイドの効果による破棄として扱います。
QA-185
干渉の最初となったカードの効果が、干渉の解決前に自動効果によって無効にされ破棄された場合、その干渉は効果が無効になった時点で打ち切られますか?
A.
いいえ、干渉自体は続けることが出来、また無効になった効果以外は解決されます。優先権についても通常通り相手に移ります。
QA-186
No.471 仏蘭西人形の自動効果で、「幻想生物」の連結で指定されているカードの代わりにゲームから除外する事は出来ますか?
A.
いいえ、出来ません。場に出る時点では「幻想生物」はキャラクターではありません。
QA-187
「ダメージを受けない」という効果が適用されている時、「ダメージを受ける場合、そのダメージを無効とし〜」という旨の効果は解決出来ますか?
A.
いいえ、解決出来ません。ダメージを受けないため、「ダメージを受ける場合」という条件を満たす事が出来ません。
QA-188
No.551 賢者の封書の効果で「場に出た場合」や「場に出る場合」の効果を解決することは出来ますか?
A.
いいえ、出来ません。「プレイされて場に出た場合」という記述を含む効果のみです。
QA-189
カードの効果で本来場に表向きで存在する事が不適切なカードが場に出た場合や、場のカードに表向きでセットされることが不適切なカードがセットされた場合、それらのカードはどのように扱いますか?
A.
キャラクターカードと幻想生物の場合はキャラクターとなります。
装備/場、世界呪符の場合は効果が有効になります。

その他のカードの場合、そのまま場に残り続けますが、一切の効果を持たず、何の影響も及ぼしません。
(参考:IR-5.4 IR-5.5 IR-5.6 IR-6.1.8
QA-190
No.498 メディスン・メランコリーの常時効果が解決された後、複数のキャラクターが同時に破棄された場合、その枚数分だけダメージが発生しますか?
A.
いいえ、複数のカードが同時に破棄される場合、その破棄は同時に発生するため、同時に何枚破棄されても2ダメージのみが発生します。
QA-191
コストがマイナスの値を取る事はありますか?
A.
いいえ、下限は0で、それ以下になる場合は0として扱います。但し、コストを加減する効果が適用される度、適用されている修正値を全て計算し直します。
QA-192
「Xダメージを受ける(与える)。その後〜」という旨の効果は、Xダメージが無効にされた場合や加減された場合は「その後」以降は解決出来ますか?
A.
ダメージが無効になった場合やダメージを受ける対象が「ダメージを受けない」効果を受けている場合は、ダメージ自体が発生しないため条件を満たせず「その後」以降は解決出来ません。

一方、効果によりダメージが加減される場合、ダメージ自体は適用されているためその後の加減に関わらず(仮に0ダメージ以下に軽減された場合でも)「その後」以降の効果は解決出来ます。

なお補足として0ダメージというダメージは存在しません。そのため「ダメージを与えた(受けた)場合」が条件の効果は軽減の結果0ダメージ以下になった場合は解決出来ません。
QA-193
「(カードを)裏向きにし〜」という効果は、元々裏向きのカードに対して解決することは出来ますか?
A.
はい、出来ます。この記述は絶対的な向きを裏向きにするという意味で、元々裏向きのカードの場合でも適切に解決出来たとして扱います。
QA-194
No.477 マエリベリー・ハーンの自動効果は、相手ターンの開始時には相手の場に出ますか?
A.
いいえ、「あなた」は本来のプレイヤーを指すため、他のプレイヤーのターンには解決されません。
QA-195
No.554 禁断の魔法を1枚のキャラクターに2枚以上解決した場合、戦闘力は2×X倍になりますか?
A.
いいえ、なりません。戦闘力への修正の内「変更」にあたり、同様の変更が他に適用される場合、同時に適用できないため、最後から解決された変更のみが有効となります。この場合は何枚解決されても2倍にしかなりません。

効果などで本来の戦闘力を参照する場合は2倍にした後の値が適用されますが、戦闘力への修正は新しい修正が適用される度に計算され直されます。そのため、2倍に変更された戦闘力をさらに2倍にするような処理は発生せず、適用される変更は後から適用されたもののみとなります。
QA-196
No.549 呪海に眠る記憶は相手プレイヤーがプレイしているNo.549 呪海に眠る記憶を目標に出来ますか?
A.
いいえ、出来ません。テキスト中に【】を記述として持つため、目標として適切ではありません。
QA-197
No.471 仏蘭西人形の自動効果は、本来ゲームから除外すべき名称のカードがどこにも存在していない場合でも、そのカードの代わりとしてゲームから除外することは出来ますか?
A.
はい、出来ます。
QA-198
「戦闘を行う場合」が条件の効果は、相手キャラクターが防御しなかった場合でも発生しますか?
A.
はい、発生します。この時、特に適用タイミングが明示されていない場合は戦闘開始時から戦闘終了時まで適用されます。
QA-199
No.491 因幡 てゐの自動効果で戦闘開始時に防御キャラクターをこちらの場に移した場合、この攻撃は相手プレイヤーへ与えられますか?
A.
はい、戦闘開始時の効果により防御キャラクターが居なくなるため、相手プレイヤーへ与えられます。
QA-200
〔(手札など)X枚〕を無作為に選んで〜という類の効果は、目標として指定されたカードは公開されますか?
A.
いいえ、公開しません。目標を指定する時点で指定された場所にX枚以上のカードがあれば正しい目標として扱い、解決時にX枚を無作為に選び、効果の解決を行います。
検索結果 416件中 151〜200件目 << 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>