Phantom Magic Vision 総合ルール

全文検索 (スペースで区切って複数の単語で検索できます。)
<< 取り除く効果
その他の処理 >>
10 
戦術と特殊効果
10.1 
原則
10.1.1 
戦術及び特殊効果とは、カードのテキストのうち、多くのカードが共通して持つテキストを特定の単語として省略したものである。
10.1.2 
戦術及び特殊効果はテキストの先頭に、独立した単語として記述されている。
10.1.2.a 
戦術を持つ、あるいは特殊効果を持つ、という指定は、テキスト文中ではなく、独立した単語として記述されていることを指す。
10.1.3 
同じ戦術及び特殊効果を複数持つことはあり得る。その場合、その戦術または特殊効果はそれぞれ独立しており、1つにまとめない。
10.1.4 
戦術及び特殊効果は、本来のテキストが起動効果、自動効果に分類されている戦術及び特殊効果であっても、それは起動効果、自動効果に分類されない。
10.1.5 
テキストまたは記述を参照する場合、戦術及び特殊効果は本来のテキストではなく、カードに記述された単語そのものを参照する。
10.2 
速攻
10.2.1 
速攻は戦術である。
10.2.2 
速攻の本来のテキストは以下の通りである。
10.2.2.a 
(自動β)〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、このキャラクターをアクティブ状態にする。
10.2.3 
幻想生物など、場に出てからキャラクターとして扱われるカードが持つ場合、場に出てキャラクターになった時点で解決され、アクティブ状態になる。
10.3 
奇襲
10.3.1 
奇襲は戦術である。
10.3.2 
奇襲の本来のテキストは以下の通りである。
10.3.2.a 
(自動β)〔手札にあるこのキャラクターカード〕は、コマンドカードのタイミングでプレイすることが出来る。
10.3.2.b 
(自動β)〔手札にあるこのキャラクターカード〕が「速攻」を持ち、相手キャラクターの攻撃に対する直接の干渉でプレイされる場合、プレイ時に、場に出るキャラクターにその攻撃を防御させることを選択出来る。
10.3.3 
「キャラクターカードをプレイ出来ない」という制限が適用されている場合、奇襲を持っているカードでもプレイ出来ない。
10.3.4 
速攻も持つキャラクターカードを防御を兼ねてプレイする場合、キャラクターカードをプレイすることを宣言する際に、その旨も宣言する。この場合、場に出たキャラクターは防御の成否に関わらず、スリープ状態のままである。
10.4 
先制
10.4.1 
先制は戦術である。
10.4.2 
先制の本来のテキストは以下の通りである。
10.4.2.a 
(自動α)〔このキャラクター〕の戦闘ダメージは「先制のタイミング」で解決される。
10.5 
貫通
10.5.1 
貫通は戦術である。
10.5.2 
貫通の本来のテキストは以下の通りである。
10.5.2.a 
(自動γ)攻撃を行っているこのキャラクターが相手キャラクターに戦闘ダメージを与えた場合、相手プレイヤーにXダメージを与える。Xはこのキャラクターの攻撃力からその相手キャラクターの耐久力を引いた値に等しい。その相手キャラクターが既にダメージを受けている場合、その蓄積ダメージの値をXに加算する。但し、Xが0以下になる場合、この効果は無効になる。このダメージは戦闘ダメージとして扱う。また、この効果ではグレイズは発生しない。この効果は重複しない。
10.6 
隠密
10.6.1 
隠密は戦術である。
10.6.2 
隠密の本来のテキストは以下の通りである。
10.6.2.a 
(自動γ)このキャラクターが攻撃を行った場合、戦闘開始時にこのキャラクターと戦闘している相手キャラクターの防御を取り消す。但し、防御を行った相手キャラクターがこのキャラクターと同じ種族を持つ場合、この効果は無効になる。
10.7 
警戒
10.7.1 
警戒は戦術である。
10.7.2 
警戒の本来のテキストは以下の通りである。
10.7.2.a 
(自動α)相手プレイヤーのアクティブフェイズ開始時、〔このキャラクター〕をアクティブ状態にする。
10.8 
即死
10.8.1 
即死は戦術である。
10.8.2 
即死の本来のテキストは以下の通りである。
10.8.2.a 
(自動γ)このキャラクターが相手キャラクターに戦闘ダメージを与えた場合、戦闘ダメージを受けた相手キャラクターを決死状態にする。
10.8.3 
耐久力を上回るダメージを与えた場合でも、ダメージの処理により、即死の効果によって決死状態にする。
10.9 
人形
10.9.1 
人形は戦術である。
10.9.2 
人形の本来のテキストは以下の通りである。
10.9.2.a 
(自動α)〔このキャラクター〕は攻撃を行うことが出来ない。
10.9.2.b 
(自動β)〔このカード〕をプレイしたターン、〔あなた〕は人形を持つキャラクターカードをプレイすることは出来ない。
10.10 
伝説
10.10.1 
伝説は戦術である。
10.10.2 
伝説の本来のテキストは存在しない。
10.11 
耐性A
10.11.1 
耐性Aは戦術である。
10.11.2 
耐性Aの本来のテキストは以下の通りである。
10.11.2.a 
(自動α)〔このキャラクター〕はAの種族を持つキャラクターから戦闘ダメージを受けない。
10.11.3 
通常、Aは種族のアイコンで表される。
10.12 
マナチャージ(X)
10.12.1 
「マナジャージ(X)」は戦術である。
10.12.2 
マナチャージ(X)の本来のテキストは以下の通りである。
10.12.2.a 
(自分ターン)S:〔あなたのデッキの上のカードX枚〕をスリープ状態でノードに加える。
10.13 
装備
10.13.1 
装備は特殊効果である。
10.13.2 
装備の本来のテキストは以下の通りである。
10.13.2.a 
〔このカード〕を、目標の〔あなたの場のキャラクター1枚〕にセットする。
10.13.3 
特殊効果として「装備」を持つカードを「装備カード」という。また、「装備カード」として定義されたカードは「装備」を持つものとして扱う。
10.13.4 
装備カードがセットされる場合、既にセット先のキャラクターに装備カードがセットされている場合、セットに失敗し、冥界に置かれる。
10.13.5 
1枚のキャラクターに2枚以上の装備カードがセットされている状態になった場合、2枚以上になった時点で1枚になるようにそのカードが置かれた領域のプレイヤーが選んで冥界に置く。但し、セット出来る装備カードの上限が変動した場合、それに従う。
10.13.6 
装備カードがセットされているキャラクターは、その装備カードの「装備」と「神器」以外のテキストと戦闘修正、及び変身状態の記述を得る。
10.14 
呪符
10.14.1 
呪符は特殊効果である。
10.14.2 
呪符の本来のテキストは以下の通りである。
10.14.2.a 
〔このカード〕を、目標の〔キャラクター1枚〕にセットする。
10.14.3 
特殊効果として「呪符」を持つカードを「呪符カード」という。また、「呪符カード」として定義されたカードは「呪符」を持つものとして扱う。
10.14.4 
呪符カードがセットされているキャラクターは、その呪符カードの「呪符」以外のテキストと戦闘修正、及び変身状態の記述を得る。
10.15 
装備/場
10.15.1 
装備/場は特殊効果である。
10.15.2 
装備/場の本来のテキストは以下の通りである。
10.15.2.a 
〔このカード〕を、あなたの場にアクティブ状態でセットする。
10.15.3 
装備/場を持つカードがセットされる場合、既にそのプレイヤーの場に装備/場を持つカードがセットされている場合、セットに失敗し、冥界に置かれる。
10.15.4 
同じプレイヤーの場に2枚以上の装備/場を持つカードがセットされている状態になった場合、2枚以上になった時点で1枚になるようにそのカードが置かれた領域のプレイヤーが選んで冥界に置く。但し、セット出来る装備/場を持つカードの上限が変動した場合、それに従う。
10.16 
幻想生物
10.16.1 
幻想生物は特殊効果である。
10.16.2 
幻想生物の本来のテキストは以下の通りである。
10.16.2.a 
〔このカード〕を、あなたの場にスリープ状態でセットする。
10.16.3 
幻想生物を持つカードが他のカードにセットされずに表向きで場に出た場合、キャラクターとして扱われる。
10.17 
世界呪符
10.17.1 
世界呪符は特殊効果である。
10.17.2 
世界呪符の本来のテキストは以下の通りである。
10.17.2.a 
〔このカード〕はあなたがこのターン中に「世界呪符」を持つ他のスペルカードをプレイまたは解決している場合はプレイ出来ない。〔このカード〕を、あなたの場にアクティブ状態でセットする。
10.18 
壱符
10.18.1 
壱符は特殊効果である。
10.18.2 
壱符の本来のテキストは以下の通りである。
10.18.2.a 
(自動γ)〔このキャラクター〕が決死状態になった場合、〔あなたのサイドボードにある、名称に「A」を含み「弐符」を持つキャラクターカード1枚〕を、あなたの場にスリープ状態で出しても良い。場に出した場合、〔このキャラクター〕にセットされているカード全てをそのキャラクターに移しても良い。その後、〔このキャラクター〕を破棄する。Aはこのカードの名称である「符ノ壱“B”」のBに等しい。
10.18.3 
壱符の「自動γ」によって弐符を持つカードを場に出すことを「スペルブレイク」という。
10.19 
弐符
10.19.1 
弐符は特殊効果である。
10.19.2 
弐符の本来のテキストは以下の通りである。
10.19.2.a 
(自動β)〔このキャラクター〕が「壱符」の効果以外で場に出た場合、このキャラクターをゲームから除外する。この効果は他の場に出た場合の効果よりも先に解決する。
10.20 
連結(「A」+「B」+「C」…)
10.20.1 
連結は特殊効果である。
10.20.2 
連結の本来のテキストは以下の通りである。
10.20.2.a 
(自動α)〔このキャラクター、または、キャラクターではないこのカード〕の名称は「A」、「B」、および、「C」、…、としても扱う。但し、「A」、「B」、「C」、…、がカードの名称ではなく、「〜X枚」のように条件で指定される場合は名称として扱わない。
10.20.2.b 
(自動β)〔このカード〕のプレイが解決される場合、または、プレイされずに場に出る場合、あなたの場、手札、冥界のいずれかにある、名称に「A」を含むカード、「B」を含むカード、および、名称に「C」を含むカード、…、それぞれ1枚をゲームから除外しても良い。除外しない場合、このカードをゲームから除外する。但し、「A」、「B」、「C」、…、がカードの名称ではなく、「〜X枚」のように条件で指定される場合はその条件に従う。
10.20.3 
連結の「自動β」で指定されたカードを除外しなかった場合、この効果の解決時、直ちに除外の解決が行われ、このカードのプレイ、あるいはこのカードを場に出す効果は解決に失敗する。
10.21 
ターン1枚制限
10.21.1 
ターン1枚制限は特殊効果である。
10.21.2 
ターン1枚制限の本来のテキストは以下の通りである。
10.21.2.a 
(自動β)〔このカード〕をプレイした場合、またはプレイしたものとして解決した場合、ターン終了時まで〔あなた〕はこのカードと同名のカードをプレイする事は出来ない。但し、このカードのプレイが無効になった場合、この効果は無効になる。
10.21.3 
自分ターン1枚制限、または、相手ターン1枚制限となっている場合も同等に扱う。
10.22 
自分ターン制限
10.22.1 
自分ターン制限は特殊効果である。
10.22.2 
自分ターン制限の本来のテキストは以下の通りである。
10.22.2.a 
(自動β)〔このカード〕はあなたのターンにしかプレイ出来ない。
10.22.3 
自分ターン1枚制限となっている場合も同等に扱う。
10.23 
相手ターン制限
10.23.1 
相手ターン制限は特殊効果である。
10.23.2 
相手ターン制限の本来のテキストは以下の通りである。
10.23.2.a 
(自動β)〔このカード〕は相手プレイヤーのターンにしかプレイ出来ない。
10.23.3 
相手ターン1枚制限となっている場合も同等に扱う。
10.24 
デッキ1枚制限
10.24.1 
デッキ1枚制限は特殊効果である。
10.24.2 
デッキ1枚制限の本来のテキストは以下の通りである。
10.24.2.a 
(自動β)〔このカード〕と同じカードNo.で「デッキ1枚制限」を持つカードは、デッキに1枚しか組み込むことは出来ない。
10.24.3 
デッキ1枚制限を持たない同名のカードがある場合、デッキ1枚制限を持つカードを1枚、持たないカードを2枚まで組み込むことが出来る。
10.25 
神器
10.25.1 
神器は特殊効果である。
10.25.2 
神器の本来のテキストは以下の通りである。
10.25.2.a 
(自動β)〔このカード〕は、「伝説」を持たないキャラクターにセットすることは出来ない。また、このカードをプレイする場合、「伝説」を持たないキャラクターを目標にすることは出来ない。
10.26 
抵抗(X)
10.26.1 
抵抗(X)は特殊効果である。
10.26.2 
抵抗(X)の本来のテキストは以下の通りである。
10.26.2.a 
(自動β)〔プレイされているこのカード〕が相手プレイヤーのカードの効果の目標になった場合、相手プレイヤーはX支払っても良い。支払わない場合、その相手プレイヤーのカードの効果を無効とし、破棄する。
10.27 
維持コスト(X)
10.27.1 
維持コスト(X)は特殊効果である。
10.27.2 
維持コスト(X)本来のテキストは以下の通りである。
10.27.2.a 
(自動γ)あなたのメンテナンスフェイズの規定の効果の解決時に、〔あなた〕はX支払っても良い。支払わない場合、〔このカード〕を破棄する。但し、あなたの場に、名称にこのカードの術者が含まれているキャラクターがいる場合、または、代替レースに指定された種族を持つキャラクターが指定された枚数以上いる場合、この効果を無視することが出来る。
10.28 
変身
10.28.1 
変身は戦術である。
10.28.2 
変身の本来のテキストは以下の通りである。
10.28.2.a 
(自動γ)〔このキャラクター〕が攻撃、または防御を行う場合、 同時に次のあなたのターン開始時まで変身状態にしても良い。
10.28.2.b 
(常時)0:この効果の解決時にこのキャラクターがアクティブ状態の場合、次のあなたのターン開始時まで〔このキャラクター〕を変身状態にする。
10.28.3 
変身状態とは、カードの上下を反転させ、変身状態の記述が正方向で読める向きにした状態である。原則的に、変身状態では本来の記述によるキャラクターではなく、変身状態の記述によるキャラクターとして扱われる。
10.28.3.a 
変身状態でない状態のことを通常状態という。
10.28.4 
既に変身状態であるカードを変身状態にする事は出来ない。
10.28.5 
複数の変身状態を持つ場合、変身の解決時にどの変身状態にするのかを選択する。
10.28.6 
変身状態にする場合、以下の手順で処理する。
10.28.6.a 
カードの上下を入れ替える。
10.28.6.b 
変身状態の記述で指定されている情報を持つキャラクターとして扱う。
10.28.7 
変身状態から通常状態に戻る場合、以下の手順で処理する。
10.28.7.a 
カードの上下を入れ替える。
10.28.7.b 
カード本来の記述を持つキャラクターとして扱う。
10.28.8 
変身状態である場合、変身状態の記述が本来の記述として扱われる。
10.28.9 
セットカードがセットされている場合、そのセットカードはセットされ続ける。セットカードからテキストを得ていた場合、変身状態になった後でもそのテキストは引き継がれる。
10.28.9.a 
セットカードから変身状態の記述を得て変身状態になっている場合、そのセットカードのテキストが無効になった時点で、通常状態に戻る。このルールはカードの効果に優先する。
10.28.10 
変身状態のキャラクターは、そのカードが置かれている領域を持つプレイヤーのターン開始時に通常状態に戻る。
10.28.11 
変身状態のキャラクターがキャラクターとしての情報を失う場合、同時に通常状態に戻る。このルールはカードの効果に優先する。
10.29 
加護(X)
10.29.1 
加護(X)は戦術である。
10.29.2 
加護(X)の本来のテキストは以下の通りである。
10.29.2.a 
(自動α)〔このキャラクター〕が相手プレイヤーのコマンドカード、及びキャラクター効果の目標になった場合、相手プレイヤーはX支払っても良い。支払わない場合、その相手プレイヤーのカードの効果を無効とし、破棄する。
10.30 
ラストスペル
10.30.1 
ラストスペルは特殊効果である。
10.30.2 
ラストスペルの本来のテキストは以下の通りである。
10.30.2.a 
(自動β)あなたの場にこのカードの術者がいる場合、コマンドカードのタイミングでプレイしても良い。
10.31 
封術
10.31.1 
封術は戦術である。
10.31.2 
封術の本来のテキストは以下の通りである。
10.31.2.a 
(自動α)〔このキャラクター〕はスペルカードの術者として扱う事が出来ない。但し、あなたのノードが6枚以上の場合、この効果は無効になる。
10.31.3 
術者を名称に含むキャラクターがいるかどうかを問われた場合、術者として扱う事が出来ないキャラクターは、術者を名称に含んでいないものとして扱う。
10.32 
ラストワード
10.32.1 
ラストワードは特殊効果である。
10.32.2 
ラストワードの本来のテキストは以下の通りである。
10.32.2.a 
(自動β)〔このカード〕はあなたの場にこのカードの術者がいない場合はプレイ出来ない。
10.32.2.b 
(自動β)〔このカード〕がプレイされずに場に出る場合、このカードの術者のいない場に出る事は出来ず、破棄される。
10.32.2.c 
(自動β)〔プレイされているこのカード〕が他のプレイされているカードの目標になった場合、そのカードのプレイを無効とし、破棄する。
10.33 
オーバードライブ
10.33.1 
オーバードライブは特殊効果である。
10.33.2 
オーバードライブの本来のテキストは以下の通りである。
10.33.2.a 
(自動β)〔このカード〕のプレイが解決される場合、または、プレイされずに場に出る場合、〔あなたの冥界にある1枚以上の任意の枚数の、このカードの術者を名称に含むキャラクターカード、または術者がこのカードと同じスペルカード〕 をゲームから除外しても良い。除外しない場合、このカードをゲームから除外する。
10.33.3 
オーバードライブの「自動β」で指定されたカードを除外しなかった場合、この効果の解決時、直ちに除外の解決が行われ、このカードのプレイ、あるいはこのカードを場に出す効果は解決に失敗する。
10.34 
リーダー
10.34.1 
リーダーは特殊効果である。
10.34.2 
リーダーの本来のテキストは以下の通りである。
10.34.2.a 
(自動α)〔このキャラクター〕は相手プレイヤーのコマンドカードの効果の目標にならず、セットされている「人気」の枚数により、対応した効果を得る。
10.34.2.b 
(自動β)〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、あなたのデッキの上のカード1枚を〔このキャラクター〕にセットする。そのカードは以後、「人気」として扱う。
10.34.2.c 
(自動γ)あなたのターン中に相手プレイヤーがダメージを受けた場合、あなたのデッキの上のカード1枚を〔このキャラクター〕にセットする。そのカードは以後、「人気」として扱う。この効果は1ターンに1度しか解決されない。
10.34.2.d 
(相手ターン)0:〔このキャラクターにセットされている「人気」1枚〕を破棄する。このターン、〔あなた〕が次にダメージを受ける場合、そのダメージを無効とする。
10.34.2.e 
(自動γ)ターン終了時、このキャラクターに「人気」が4枚以上セットされている場合、1枚になるように破棄する。
10.34.3 
リーダーを持つカードがセットされる場合、既にそのプレイヤーの場にリーダーを持つカードがセットされている場合、セットに失敗し、冥界に置かれる。
10.34.4 
同じプレイヤーの場に2枚以上のリーダーを持つカードがセットされている状態になった場合、2枚以上になった時点で1枚になるようにそのカードが置かれた領域のプレイヤーが選んで冥界に置く。但し、セット出来るリーダーを持つカードの上限が変動した場合、それに従う。


<< 取り除く効果
その他の処理 >>