Phantom Magic Vision 総合ルール

全文検索 (スペースで区切って複数の単語で検索できます。)
<< 戦術と特殊効果
その他のルール >>
11 
その他の処理
11.1 
原則
11.1.1 
各処理は特に指示の無い限り、発生と同時に即座に処理される。
11.1.2 
置く、移すなどのカードを異なる領域へ移動させる処理の手順は、移動させるカードが他の効果により別の異なる領域に移動した場合、その時点で処理を終了する。この時、既にカードの移動が行われていた場合は、その移動させる処理は成功したものとして扱う。
11.2 
置く
11.2.1 
置くとは、カードを指定された領域へ移動させる処理である。
11.2.2 
置く場合、以下の手順で処理する。
11.2.2.a 
置く(置かれる)代わりに、という効果がある場合、その効果を適用する。その効果によって当初指示された領域とは別の領域に移った場合、この置く処理を終了する。この場合、そのカードに与えられていた情報は全て失われる。
11.2.2.b 
この時点で、元の領域に属しなくなる。
11.2.2.c 
指示された領域へカードを移動させる。
11.2.2.d 
置かれた場合、という効果がある場合、その効果を適用する。
11.3 
移すとセット、戻す
11.3.1 
移すとは、カードを指定の領域に移動する、あるいは、セットカードを他のカードのセットカードにする、という処理である。
11.3.2 
場から場、または、場以外から別の領域に移す場合、特に処理は発生せず、カードを移動させる。
11.3.3 
場から場以外に移す場合、以下の手順に従って処理する。
11.3.3.a 
セットカードに対して「破棄する」という効果を適用する。
11.3.3.b 
セットカードに対して破棄する場合の効果を解決する。この時、破棄する場合が条件の「自動γ」も解決する。
11.3.3.c 
セットカードに対して破棄される場合の効果を解決する。この時、破棄される場合が条件の「自動γ」も解決する。
11.3.3.d 
セットカードに対して破棄した場合の効果を解決する。この時、破棄した場合が条件の「自動γ」も解決する。
11.3.3.e 
セットカードに対して破棄された場合の効果を解決する。この時、破棄された場合が条件の「自動γ」も解決する。
11.3.3.f 
セットカードにセットされたカード対して「破棄する」という効果を適用する。
11.3.3.g 
セットカードにセットされたカードがある場合、その分だけ同様に手順a〜fを繰り返す。
11.3.3.h 
移す効果を適用されたカードを指示された領域へ移動する。この時、カードの状態は移動先の領域の状態になる。同時に、セットカードを任意の順序で冥界の上に置く。
11.3.4 
裏向きのカードが非公開の領域へ移る場合、その表は公開せず、裏向きのまま移す。
11.3.5 
除外エリアにあるカードは、除外エリアから移すことが指示されていない限り、移すことは出来ない。
11.3.6 
セットとは、「移す」のうち、特別な処理が発生する場合に用いられる用語である。
11.3.7 
セットカードとは、移ったことにより他のカードに従属する立場になったカードを指す。
11.3.8 
場に出す(場に出る)とは、場以外から場にカードをセットする、あるいは、場以外から場のカードにカードをセットすることを指す用語である。
11.3.8.a 
特に指定の無い限り、場に出す効果を処理するプレイヤーの場に出る。
11.3.8.b 
場のカードが場、または、場のカードにセットされる場合、それは改めて場に出るものとして扱わない。
11.3.9 
場にセットする(他のカードにセットされずに場に出る)場合、以下の手順に従って処理する。
11.3.9.a 
キャラクターカードが単体で場に出る場合、この時点からキャラクターとして扱われる。
11.3.9.b 
場に出る場合の効果を解決する。この時、場に出る場合が条件の「自動γ」も解決する。
11.3.9.c 
カードが元の領域から場に置かれる。この時点から適用条件を満たした自動αと自動γが有効になる。この時、効果の適用中に戦闘力の変動によって決死状態になる場合でもその時点では決死状態にはならず、全ての効果を適用した後で決死状態になる条件を満たしている場合に決死状態になる。
11.3.9.d 
場に出た場合の効果を解決する。この時、場に出た場合が条件の「自動γ」も解決する。
11.3.10 
他のカードへのセットは、以下の手順に従って処理する。なお、場以外から場のカードへセットされる場合、各項で場に出る(場に出た)処理も同時に行う。
11.3.10.a 
セットする場合がタイミングの効果を解決する。この時、セットする場合が条件の「自動γ」も解決する。
11.3.10.b 
カードが元の領域から場のカードに置かれ、セットカードとして扱われるようになる。装備カードと呪符カードの場合、この時点からテキストはセット先のキャラクターがもつものとして扱われ、適用条件を満たした自動αと自動γが有効になる。
11.3.10.c 
セットされた場合がタイミングの効果を解決する。この時、セットされた場合が条件の「自動γ」も解決する。
11.3.11 
セットカードの扱いは以下に従う。
11.3.11.a 
装備カード、呪符カードは装備、呪符の各項を参照。
11.3.11.b 
装備カード、呪符カードでもないカードは一切のテキストが無効になる。
11.3.11.c 
セットカードは、セット先のカードと縦横の状態を共有する。セットする時点ではセット先の縦横の状態に合わせてセットされる。セットされた後は、セット先のカード、セットカードのいずれかの縦横の状態が変更になる場合、全てのカードがその変更に従う。
11.3.11.d 
セット先のカードが場から場へ移る場合、セットカードも一緒に移る。
11.3.12 
セットカードから得たテキストは、セットカードの効果であると共に、セット先のカードの効果であるとしても扱われる。
11.3.13 
セットすることが出来ない、という効果が適用されている場合、セットの処理自体が発生しない。効果によってセットすると指示されていた場合、その効果は解決に失敗したとして扱う。
11.3.14 
戻すとは、「移す」と同義であり、「移す」と同じ処理を行う。
11.3.15 
セットされた場合、という効果でセット先が指定されていない場合、セット先としてその効果を持つカードが指定されているものとして扱う。
11.4 
抜き出す
11.4.1 
抜き出すとは、指定されたカードを一時的に元の領域から取り出す処理である。
11.4.2 
抜き出す場合、抜き出した効果で指示された処理を行うまで、元の領域の順序を変えることは出来ない。
11.4.3 
抜き出したカードが他の領域への移動や元の領域内で移動しなかった場合、元の領域の元の場所に戻す。
11.4.4 
抜き出したカードは、抜き出した効果で指示された処理を行えなかった場合、ゲームから除外する。
11.4.5 
抜き出したカードは、元の領域がシャッフルされる場合、抜き出したままにし、シャッフルしない。
11.5 
アクティブ状態にするとスリープ状態にする
11.5.1 
アクティブ状態にするとは、カードの状態をスリープ状態からアクティブ状態にする処理である。
11.5.2 
スリープ状態にするとは、カードの状態をアクティブ状態からスリープ状態にする処理である。
11.5.3 
既にアクティブ状態のカードをアクティブ状態にすること、及びスリープ状態のカードをスリープ状態にすることはできず、効果は適用されない。
11.6 
公開する
11.6.1 
公開するとは、全てのプレイヤーに対して指示されたカードの表側を公開情報にする処理である。
11.6.2 
公開されている間もカードは本来の領域に属する。
11.6.3 
公開する効果が終了した時点で、再び本来の領域の本来の順番で非公開情報にする。
11.6.4 
公開する効果は見る効果とは明確に区別される。何らかのカードが公開された場合でも、それは見た場合や見られた場合としては扱わない。
11.7 
見る
11.7.1 
見るとは、指示されたプレイヤーに対してのみ指示されたカードの表側を確認できる状態にする処理である。
11.7.2 
見ている間もカードは本来の領域に属する。
11.7.3 
見る効果が終了した時点で、再び本来の領域の本来の順番で非公開情報にする。
11.7.4 
見る効果は公開する効果ではない。
11.8 
シャッフル
11.8.1 
シャッフルとは、カードの並び順を無作為にする処理である。
11.8.2 
シャッフルの手法は自由である。但し、最低でもカットを3回以上行うことが推奨される。
11.8.3 
意図的にカードを固める、または、ばらけさせることは出来ない。
11.9 
無作為に選ぶ
11.9.1 
無作為に選ぶとは、指示された範囲のカードの並び順を不特定にし、全てのプレイヤーに対して指示された範囲のカードの表側を不明にしてから選択する処理である。
11.9.2 
カードの表側が公開情報であるかに関わらない。指示された範囲のカードの表側が公開情報である場合、一旦裏向きにしてシャッフルするなどし、意図的に特定のカードを指定出来ないようにする。
11.10 
グループに分ける
11.10.1 
グループに分けるとは、指示されたカードを指示された数のグループに分ける処理である。
11.10.2 
特に指定がない場合、処理を行うプレイヤーの任意でそれぞれのグループに属するカードを選択する。
11.10.3 
任意でグループに分ける場合、0枚のグループを作ることは出来ず、指示された数のグループに分けられない場合、効果は適用されない。
11.10.4 
グループに分けた結果は全てのプレイヤーに対して明らかにしなければならない。
11.10.5 
分けられたグループはその効果の解決に対してのみ有効であり、他のカードの効果には影響を及ぼさない。


<< 戦術と特殊効果
その他のルール >>